注意欠陥多動性障害とわんぱく区別があります

「多動症」と俗称された注意欠陥多動性障害(ADHD)は、三大の症状があります。即ち注意力欠陥(わかりやすいと言えば集中力を分散しやすくて、専念できません)、多動と衝動です。一部の子供は注意力欠陥が主な表現で、一部は多動と衝動を主として、より多くの子供はこの三つの症状が併存しています。研究にといますと、注意欠陥多動性障害がある子供とわんぱくな子供の間四つの区別ります。

特徴1、注意力の面では、わんぱくな子供は興味があるものごとに対して精神を集中することができて、他人の邪魔が嫌で、注意欠陥多動性障害がある子供は何を遊んでも心ここにあらず、物事を最後まできちんとやり遂げることができません。

特徴2、自制の面では、わんぱくな子供が知らない環境で、また特別に要求された場合、自分を制約することができて、静座することもできます。しかしそれに対して、注意欠陥多動性障害の子供が全く静座することができません。

特徴3、行為の面では、わんぱくな子供の行為は一般的に原因と目的があって、注意欠陥多動性障害の子供の行為が衝動性を持っていて、目的性を欠乏します。

特徴4、生理上では、わんぱくな子供の考えは敏捷で、動作の調和性があって、記憶においての欠陥はありません。注意欠陥多動性障害の子供の記憶と動作には明らかな不足があります。

一部の保護者は注意欠陥多動性障害は動くことが好きと同じだと思っています。実は大違いです。注意欠陥多動性障害を患った一部の子供は多動の表現はないです。彼たちは安静で、ただ成績はいつも上がられません。これらの子供は先生の眼の中の“頭があんまりいい子供”です。しかし、彼らは注意欠陥多動性障害の患者で、ただ主としたの病状は注意力が集中できない、劣等感を生じやすくて、消極的で、おおざっぱで、嘘つくがすきなどです。ですから、少し多動ではない子供は同じく注意欠陥多動性障害があるかもしれません、両親と教師は今後この状況も考えるべきです。