恐怖の想像

4学年は国語の第八ユニット恐怖の想像

で月明かりもなく風のある夜、天気はとても暑い.私は静かにベッドに横たわって、急に、目の前には稲妻が一瞬かすめる、そして、雷鳴が大きく、窓の外から土砂降りに土砂降りになって、その雨音雨音ざあっ……がらり……鳴らと鳴る.

壁のカーテンが風に吹かれて摇来摇去.雷電の映えで、寝室の壁に変な顔が映っていたと映っていた」.真夜中の鐘楼には、あのかわいそうに死んでいった小さい女の子がいるみたいだ.彼女は白い服を着て飛び跳ねる袖に彼女のあのまた細くて長い白骨……

pで迎えに行く物語は私は考えられない.轟殷殷……」鸣ってもう一回の私をびっくりされて、私は急いで布団に沒頭てくぐるて、あ!私の足は熱々、布団に暑く、布団のほか涼しくて、私はとても布団をめくって、しかし私はまた恐らくあの子も私を探しにきて、私の足を引っ張って、だから私はやむを得ず仕方なく布団に足引っ込めました.しばらくして、私の頭も暑いようです、時々汗をかい、私は頭を伸ばしたいですね!でも、最後に私は本当に熬、歯ぎしりとして、歯ぎしりとして出てきた.

pって、時間が早いから過去になる.夜中まで、家族みんなで寝てしまって、ただ私がまた目を開いて天井板を見ていて、金がない握り締め布団.しかし私はどのようにも眠れないで、突然私は1つの良い方法が考えて、“羊を始めることを始めます”:“羊、2、3、3匹の羊、4匹羊……徐々に、私は眠くなって、いつの間にか眠ってしまいました.

Pは、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です