樟木家具は寝室に入れない注意欠如多動性障害で

樟木木質強靭、匂い香りで、タンス貯蔵衣裳など物、防虫・カビや殺菌.しかし、長期において寝室に長期的に置いて、体に健康にも不利です.樟木は樟脳の外、アルカン類、フェノール類、アルケン類、樟エーテルなど有機成分を含んで、人体に対して違う程度の毒副作用がある.それが作った家具後、並んでは通風の寝室で、その散出す芳香臭は、呼吸、粘膜、皮下などを通じて体内に入り、慢性中毒を引き起こし、めまい、体に力が入りません、腿軟、食欲減退、ただ飲み込んで喉が渇いて、喉がかゆみ、咳、不眠の多い夢など.また、カンフルまた血行をよくすること化瘀,抗妊娠の作用、妊婦が長らく樟木家具と接触して、比較的に容易流産;乳幼児が長らく樟木においの刺激を受け,も不良反応.そのため,注意欠如多動性障害、家には樟木家具があれば、通風のない寝室には禁物です.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です