女性の注意欠如多動性障害健康に茶を調合する茶の処方する女性の夏季に養生茶療法療法

夏の天気は暑い、万物は成長、活気に満ちあふれている.夏は多く火が多くて湿って、気候は暑くて、気候は暑いです.暑さ、濡れは夏の気候の特徴.この特徴によって、古人は夏に真夏と夏となる.暑さの季節は真夏として、これは火の季節、心は心、人体は陽気に最も盛.夏には夏、暑さがはやる、気候が湿っぽく季節が長く、これは湿った季節で、脾.そのため、夏季茶の治療は解熱、化,心を保つために脾をしない法.

1:p>調合調合指図1時

お茶3グラム、菊花9グラム、お茶の3グラム、キクの9グラム.

p効果:清利頭目、解熱利尿.夏熱に適用する頭目、精神疲労、煩わし熱、小便短赤.

P使い方:2950を入れ、代茶はゆっくり飲む.

1:p>調合指図書2時

緑茶3グラム、ハッカ葉2グラム、砂糖適量.

P効果:解熱解表、サイコ、排気,注意欠如多動性障害、利尿.夏風邪の暑さに適しているので、喉が渇いて、老年の腹は膨れて、矢ガスが通じないなど.

P使い方:2950で飲むとしても.

Pは3時

で調合して

の成分:緑茶さんグラム、新鮮なミントさんグラム、太子参ろくグラム、生姜いち片.

P効果:殘暑解熱、清涼感、好み,好み.夏には茶療法として健康飲料を適している.

P用法:2950、蓋、お茶飲む.

1 p 4:p/p

の成分:茶さんグラム、ウメじゅうグラム、五味子ごグラム、大きいナツメさんじゅうグラム(切り開いて).

効果:唾液の分泌を促進して渇きをいやして、肺咳止めない.夏バテに適している夏バテ症や肺虚喘がなどが適している.

P用法:薬を入れて、茶碗に入れ、2950にして片時、代茶服飲.日1剤1剤.

編者の言葉:夏バテ Pは5時5時

では渋茶150ミリリットル、牛乳30ミリリットル、蜂蜜30グラム.

効果:暑気を払うことが渇きをいやして、体を鍛える、益の息を補う中.夏の健康佳乃に飲む.

用法:濃いお茶と牛乳(沸)町涼、調蜜、混ぜる後服飲.日1~1日.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です