子供の注意欠如多動性障害の症状などについて

多動性障害は数多くの子供たちがある問題でしょう。当サイトでは、多動性障害の基本情報についてご紹介いたします、ぜひご参考になってください。特に子供がいる親たちは、ぜひ当サイトを通じて、子供の多動性障害を了解しましょう。

多動性障害は、別名を注意欠陥多動性障害とも呼ばれ、不注意(集中力がない・気が散りやすい)、多動性(じっとしていられない・落ち着きがない)、衝動性 (順番を待てない・考える前に実行してしまう)の3つの要素がみられる障害のことです。

多動性障害がある子供たちの症状は、主に以下のような表現があります。集中力がない、

忘れ物が多い、簡単なミスが多い、特定のことに注意をとめておくことが困難で、課題に取り組んでもすぐに飽きてしまいます。また、思いつくとすぐ行動する、外界からの刺激に対して、無条件に反射的に反応してしまう、刺激に反応して、まるでエンジンがかかったように走りまわったり、机に上ったりするなどの症状があります。

多動性障害は子供時代に直すことが簡単です。軽度発達障害のADHD(注意欠如多動性障害)の場合、診察、治療を受けるとすると、一体どこがいいのか迷うことでしょう。病院と言っても、様々な科がありますからね。一般的なのは、精神科・心療内科と言えるでしょう。

また、脳自体の問題ですので、精神面においては関係ないと思われるのでしょうが、実は、多動性障害の場合、双極性障害を伴っていることもありますので、心療内科、または精神科で診療を受けるのが効果的でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です