ADHD者との接し方

ADHDは注意欠如多動性障害とも呼ばれ、発達障害のひとつです。ADHD者の行動の特徴から周囲の誤解を受けてしまうことが多いです。注意しなければ、ADHD者の心を傷つけます。ですから、接する際は注意する必要があります。特にADHDの子供と接するときです。

よく褒める
悪いことをした場合は叱っても構いませんが、何よりも褒めることが大事なので良く褒めることが大切です。好ましくない行動に対しては、そうした行動とはまったく別の行動に興味をもたせて良い行動に置き換えていきます。好ましい行動に対してきちんとほめることでその行動を強化します。それ相応の報酬を与えるならより効果的です。

刺激の少ない環境を作る
テレビは付けっぱなし、おもちゃも散乱…という環境の中では、ADHDの子どもは気が散りやすいです。おもちゃの棚にカーテンを付けて、パーティションなどを使って、外部刺激の少ない空間をつくるなど工夫しましょう。

小さな課題を与える
静かに待たなくてはならないときには、短時間で終わる単純な「やること」を用意することは重要です。砂時計などを見せても良いですし、その子が興味を持って、比較的集中できることをさせても良いでしょう。

才能を発見する
ADHDの子どもは、自分の興味のあることに関しては集中力を集めることができます。ですから、そのことを通じて子どもの才能を発見し、サポートしてあげれば才能を伸ばしていくことが期待できます。

子どものツラさを了解する
ADHDの子供は、聴覚と視覚のどちらが優れらかと了解して、優れているほうの感覚を使った方法で対応しましょう。また、香り、音楽など子どもがリラックスしやすい方法を探してストレスを軽減させます。